ショウジンブログ on Hatena

“お芝居をしないと、この社会では異邦人として扱われるほかない”

激しく身体感覚に訴えてくる〜火を熾す – ジャック・ロンドン

ジャック・ロンドンというと
『 野生の呼び声 』や
『 白い牙 』あたりがよく知られ、
読まれてるんじゃないでしょうか。

短編にも
すこぶる魅力的な作品は多く
(短編のほうが真価を発揮できているのではないかと思うほど)、

10年くらい前に
スイッチ・パブリッシングから出た
柴田元幸さんセレクションの
『 火を熾す – 柴田元幸 翻訳 叢書
ジャック・ロンドン 』は

一時期品薄で
プレミア価格がついて
(けっこうな、そしてあこぎな価格で)
いたことからも、

その内容と評価が高かったことがうかがえます。

その高値がついたところで
わたしは購入したんですが、
それに見合う十分な内容と満足度でありました。
(10年積ん読は必要だったのでしょう)

f:id:showjinx:20220411103951p:plain

表題の『 火を熾す(おこす)』
という作品は地味ではありますが
(そんなこといったらどれもそうなんですけどね)、

知る人ぞ知る的な作品で、
知っている人からすれば
「そりゃそうだよね」と納得の
揺るぎない代表作のひとつ。

f:id:showjinx:20220411104042p:plain

『 火を熾す 』はもちろんのこと
(絶望的な寒さと、それに対する恐怖、サバイブできるか否かの境界線上でうかびあがる生命)、

ボクサーだったことが
あるのではないかというくらいの
臨場感、リアリティ、迫真に満ちた
ボクシングもの(本作にも二作、おさめられてます)など。

本書を購入した動機は
表題作(某 美術系 通信教育の教材でたまたま知った)を

「お、なつかしいな。また読んでみようか」というくらいのものでしたが、

それ以外にもかなりの読み応え、パンチのある作品群で非常に満足のいく(そして、ヒリヒリもする)読書体験でした。

とくに圧倒されたのは『 メキシコ人 』。
(もうひとつのボクシングものの『 一枚のステーキ 』も)

f:id:showjinx:20220411104210p:plain

ここまで終始ヒリヒリ
(肌感覚で)させられ、

読んでいるあいだずっと
胃の腑になんともいえない塊(かたまり)を
グリグリとねじこまれ続けた読書体験は
それほどないように思います。

これを機会に、
ふと「あったかな」と
記憶をほりおこしてみたら、
ぱっと浮かんだのは高橋和巳の『 邪宗門 』。

劇薬なので注意が必要です。

話はもどって

この一編(メキシコ人)だけでも
本書を購入、読む価値はあります。
(もちろん、受け皿としての読み手次第ではありますが)

そして、
ジャック・ロンドンの半自伝的小説として
『 マーティン・イーデン – MARTIN EDEN 』なるものがあることも知りました。

映画化もされてたりして。

www.youtube.com