ショウジンブログ on Hatena

“お芝居をしないと、この社会では異邦人として扱われるほかない”

瞑想をする場所、時間は決めたほうがいい?

月に数回は警察官による
職務質問を受けるワタクシですが
あなたはそんなことはないですか?
(昨日も)

ま、それはさておき。

瞑想の解説等でよく言われているのが
「同じ場所、決まった時間にやるのがよい」というものです。

最近も「なるべく決まった時間、場所でやったほうがいいとききました」と質問されました。

回答としては
「いつでもいいです」です。

瞑想は習慣化することで
効果がでますから
(脳神経細胞の可塑性によって)

それ(習慣化)を邪魔するくらいなら
むしろ時間や場所の制約は設けなくていいと思います。

もちろん、決めてできる人はそれで。

そもそも、なぜ時間や場所を
決めたほうがいいのかを考えてみることです。

これはひとことで言ってしまえば
トリガー(引き金)になるということだと思います。

時間や場所を決めて行うことで
その時間、空間で瞑想をはじめることが
トリガー(瞑想に入ることの引き金)として機能するということです。

瞑想をつづけていくことで
瞑想体験の記憶(アンカー=錨)が生まれます。

それを想起(思い起こす、思い出す)する
引き金(アンカー)として
「決めた時間と空間」がおすすめですよということです。 (たぶん)

その決めた時間と空間で瞑想をはじめることで
これまで深めてきた瞑想の状態に入りやすくなります。

毎回水面の上から「さぁ、潜るぞ」とはじめるよりも
一度体験した(深く潜った)深度からはじめるほうが
より深く潜れます。
(毎回そうはならなくとも、実践、積み重ねることで)

毎回水面上からだと
いつまでたっても潜る深さに大差はないかもしれませんから。

前回たどりついた深さから始める。

その深さの記憶(アンカー)を
トリガー(引き金)をきっかけに呼び起こす。

その意味での

「決まった時間、場所でやるのがいい」

ということでしょう。

このポイントの意図を理解できれば
逆にその制約にこだわる必要がないことも理解できます。

時間や場所以外もトリガーにできるわけですから。

たとえば瞑想をはじめる合図(トリガー)として
瞑想の前後にみけんにあるアジュナチャクラを指先で触ってみる。

瞑想をはじめたら
鼻腔(鼻)を通る空気の感触に意識を向ける。

瞑想をはじめるときに
手のひらにある労宮(ろうきゅう)というツボを押す等。

こうしたことをトリガーにすれば
時間や場所に関係なく

瞑想体験の記憶(アンカー)を
トリガーと結びつけることができます。

あとは瞑想を終えるとき
瞑想によって深まった変性意識状態
(ふだんよりも「頭の中」にリアリティを感じている状態)から、またもとに戻ってこないようにすること。

せっかく深まったのだから
その深さにむしろとどまって
普段の行動がとれるように心がけます。
(どのみちある程度は戻ってきてしまうので、それをわざわざ自発的にするのはもったいないです)

深い変性意識状態は
酩酊状態(酔っ払った状態)ともいえるので
そんなぽわーっとした状態では危険じゃないかと
思われるかもしれませんが、慣れです。
(あのプラトンも『国家』で言ってます)

よき瞑想ライフを。